不安にさせるものは、何?

「何か変・・・」「なんだか不安」「わからなくなった」と口癖のように言ってしまう。

不安で、混乱して、下ばかり見ている。

こんな人、まわりに居ませんか?

不安

なぜこのようになってしまうのでしょう?

それは、「対象」が明確になっていないからです。

不明確で、もやもやっとしていて、どす黒そうで、どんどん大きくなりそう・・・

そんな気がしているからです。

形も色も大きさも、わからない。
何もわからないけど、こちらに迫ってくる。

これはこわい。

そんなときは、こう質問してみましょう。

 
「何が不安にさせるんだろう?」
「何があれば、落ち着けるんだろう?」

 
「何が」がわかれば

「なんだ!こんな小さいことだったんだ!」
「あのファイルを調べればわかるぞ!」
「あの人に訊けばいいんだ!」

そうすれば、どう行動すればいいかがわかります。
そうすると、「なんてことないや!大丈夫!」とさらに前に進むことができるのです。

前に進む

 
不安が完全になくなることは、無いでしょう。
誰でも不安なことはあります。
不安でも、行動できればいいんです。

コーチングでは、「感情」「感覚」など、抽象的な概念も大切にします。
モチベーションアップにつながるからです。

一方で、「行動」を促します。
そうすると、抽象的な概念は徐々に明確になります。
方向感も定まり、さらに行動がしやすくなります。

そして、その先には、「目標の達成」「夢の実現」、そして「豊かな未来」が広がっているのです。

関連記事

  1. ほんの少し成長する

    続けると意外に遠くまで行ける