2頭の象が争うとき、傷つくのは?

アフリカに
「2頭の象が争うとき、傷つくのは草」
ということわざがあるそう。

コーチングデザインジャパン

 
投資の世界で連想すると、
この「2頭の象」は「アメリカ」と「中国」

この大物が「争う」となると、「貿易摩擦」のことでしょう。

 
では、この2頭の象の争いで傷つくのは・・・?

 
中国と貿易関係の深い国は
ドイツ、イギリス、韓国、北朝鮮・・・

最近のヨーロッパの景気の減速は、米中貿易摩擦の煽りを受けています。
特にドイツが被っている影響はひどい。

 
「2頭の象が争うとき、傷つくのは草」

このことわざが、まさにあてはまるようです。

関連記事

  1. 景気 不安

    製造業の景気指数(PMI) やっぱり大事?

  2. 宇宙ビジネス

    投資は、興味があるビジネスから始めよう

  3. お金と未来のセミナー

    【追加開催】【参加費無料】お金と未来のセミナー

  4. GAFAはホントにデカい!

  5. お金と未来のセミナー

    【参加者募集】福岡&北九州で開催!お金と未来のセミナー

  6. 地球儀

    世界一の産油国は?

  7. お金と未来のセミナー

    【参加者募集】福岡&北九州で開催!お金と未来のセミナー