製造業の景気指数(PMI) やっぱり大事?

米国の製造業の景気指数(PMI)の代表的なもの
「ISM製造業景気指数」

この数値が50を下回ると
「世界経済の成長に鈍化懸念」とネガティブなニュースになります。

景気 不安

 
一方、非製造業についてはどうなのでしょう?
米国の製造業と非製造業の従業者数をみてみます。

製造業20% 非製造業80%

実は、非製造業の割合が増えているのです。

非製造業の景気を表すものは
「ISM非製造業景気指数」

こちらは、今のところ50を上回る数値が発表されています。

PMIには、ISMが公表するものとIHSマークイットが公表するものがよく使用されます。

視点を増やすと、
不安は一転、安心に変わります!

 

参考

【米国】ISM製造業景況指数 – 経済指標 – Yahoo!ファイナンス
ページを見る

【米国】ISM非製造業景況指数(総合) – 経済指標 – Yahoo!ファイナンス
ページを見る

PMI by IHS Markit
ページを見る

 

関連記事

  1. 宇宙ビジネス

    投資は、興味があるビジネスから始めよう

  2. お金と未来のセミナー

    【参加者募集】福岡&北九州で開催!お金と未来のセミナー

  3. コーチングデザインジャパン

    2頭の象が争うとき、傷つくのは?

  4. お金と未来のセミナー

    【参加者募集】福岡&北九州で開催!お金と未来のセミナー

  5. 地球儀

    世界一の産油国は?

  6. お金と未来のセミナー

    【追加開催】【参加費無料】お金と未来のセミナー

  7. GAFAはホントにデカい!